意外と知られていない!婚約指輪のダイヤモンドを選ぶときの『4C』

2021年3月1日

一世一代のプロポーズに欠かせない婚約指輪。
だからこそ良いダイヤモンドを贈って女性の喜んだり
ビックリしている表情、見たくないですか?


まずは、ダイヤモンドを選ぶときの基本となる
4C』についてご紹介します。

4Cとは

ダイヤモンドの価値を表す基準のことです。

「Carat(カラット)」
「Clarity(クラリティー)」
「Color(カラー)」
「Cut(カット)」

それぞれの頭文字の“C”をとって『4C』と言われています。

Carat(カラット)・・・ダイヤモンドの重さ

カラットはダイヤモンドの重さを表す単位のことです。
カラット数が大きくなるにつれダイヤモンドの価値も高まってきます。

女性に人気なのは0.2ct~0.25ctあたりです。
女性が喜ばれるのは0.3ctあたりと言われています。

Clarity(クラリティー)・・・ダイヤモンドの透明度

クラリティーはダイヤモンドの透明度を表します。

ダイヤモンドは天然の鉱物なので、中に黒点、空気
キズが含まれてきます。
なので、その位置や大きさを10倍のルーペで検査し11段階に評価されています。

クラリティーが高くなるにつれダイヤモンドの輝きも増してきます。

Color(カラー)・・・ダイヤモンドの色味

カラーはダイヤモンドの色味を表しております。

ダイヤモンドの頭文字のD~Zで評価されています。
Dが無色でZにいくにつれ段々と黄色味を帯びてきます。

ブライダルではGカラー以上が多くなってきます。

Cut(カット)・・・ダイヤモンドの輝き

カットはダイヤモンドの輝きを表しています。
『4C』の中で唯一人間が手を加えることが出来るグレードになります。

ポイントは、

理想的なプロポーションであるか」
「左右対称であるか」
「全体的に綺麗に研磨されているか

の3つになります。
これらを評価し5段階に分類されます。

上から順に
エクセレント
ベリーグッド
グッド
フェア
プア
となります。

3つのポイントが全て「エクセレント」の場合
“3EX(スリーエクセレント)”と言われるトップグレードのものになります。

おすすめの婚約指輪

CAFERINGロゼット

1石ストレートリングのシンプルで気品あふれる婚約指輪。
1石のストレートリングでザ婚約指輪なデザイン。

シンプルでありながらダイヤモンドを支える爪の部分を
横から見ると少しデザインが見えるのが特徴。
リングを指に着けた時ダイヤモンドが
浮いて見えることから“フローティング・ダイヤモンド”
とよばれています。
お手元を綺麗に魅せてくれる効果があります。

CAFERINGローブドゥマリエ

3石ウェーブラインで柔らかい雰囲気の婚約指輪。
柔らかいウェーブライン。

希少石のピンクダイヤモンドがあしらわれていて
3石の中でも1石だけがピンクダイヤモンドで
主役のセンターのホワイトダイヤモンドの白い輝きを
よりフェミニンによりエレガントに輝かせてくれます。


いかがでしたか?婚約指輪を選ばれる際、是非ご参考にしてください。

トップへ
TEL
商品検索
トップへ

ヴェール広島店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
なし
TEL
082-236-6676

ヴェール福山店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
火曜日(祝日は営業)
TEL
084-961-3732

ヴェール広島店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
なし

ヴェール福山店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
火曜日(祝日は営業)