人と被りたくない方必見!シンプルかつ個性派なミル打ち結婚指輪

2021年10月5日

一生に一度の結婚指輪、
人と被りにくいデザインが良いですよね。

皆様、ミル打ちってご存知ですか?
あまり聞きなれない言葉だと思います。
聞きなれない言葉だからこそ、
知る人ぞ知るデザインになります。
なので人とも被りにくいです。

ミル打ちのメリット

上下にミル打ちが施されたストレートラインの結婚指輪
 
指輪のラインに沿って
地金の粒で装飾したデザインのことを言います。

均一で細かく綺麗なミル打ちを作るには
熟練の職人の技術が必要になる難しい技法になります。
実は“ミル打ち”には『千の粒』『永遠の愛
という意味があり、結婚という人生の晴れ舞台に
ピッタリのデザインなのです。

傷が目立ちにくい

装飾を施していないリングに比べ、
フラットな面が少なくなるため
傷が目立ちにくいということがメリットです。
丸い粒の凹凸が光を反射させ
細かい傷なら気になる事も少なくなってきます。

傷が増えていっても
アンティークのような風合いになり、
長年身に着けるのに適しています。
年齢を重ねられても着けて頂きやすいデザインになります。

男性も女性も着けやすい

上品でクラシカルな雰囲気のデザイン。
指輪の輪郭部分にミル打ちを施すことが多く
引き締まった大人っぽい雰囲気も演出してくれます。

また、男性のリングもシンプルなデザインのため
着けて頂きやすいです。

デメリット

汚れが詰まりやすい

フラットなリングと比べるとミル打ちは凹凸があるので
どうしても間の溝に汚れが詰まりやすくなります。
ですが、当店にご成約頂いたリングをお持ち頂くと
無償でクリーニングをさせて頂きます。

クリーニングをすることにより、
間の溝に詰まってしまった汚れを取り除くことが出来ます。

サイズ直しが難しい

リングの1周にミル打ちが施されている場合は
つなぎ跡が綺麗になりにくいこともあり
サイズ直しが出来ない物もあります。
ですが、半周ミル打ちだったり、一部のミル打ちであれば
サイズ直しが出来る場合があります。

※ブランドやお店、リングの素材によって異なるので確認が必要です。

ミル打ちおすすめデザイン

CAFERINGリアン

1石ストレートラインにミル打ちが施された結婚指輪

1石のストレートラインに流れるように斜めに入った
細かいミル打ちが特徴的な他にはないデザイン。
1石でシンプルですがミル打ちがあることにより
個性的なデザインになります。

CAFERINGテ・オ・レ

3石ストレートラインに2本のミル打ちが施された結婚指輪

3石のストレートラインに斜めに2本のミル打ちが施されたデザイン。
少しリングにエッジが効いているので
スッキリとした大人っぽい雰囲気で着けて頂けるので
男性も女性も着けて頂きやすい結婚指輪です。

いかがでしたか?


ミル打ちのメリット、デメリットありますがデメリットの対処法もございますので
詳しくはお店のスタッフさんに聞いてみるのがオススメです!

結婚にふさわしい意味が込められた“ミル打ちリング”。
是非、店頭でお気に入りの結婚指輪を見つけてください。

トップへ
TEL
商品検索
トップへ

ヴェール広島店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
なし
TEL
082-236-6676

ヴェール福山店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
火曜日(祝日は営業)
TEL
084-961-3732

ヴェール広島店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
なし

ヴェール福山店

営業時間
11:00〜19:30
定休日
火曜日(祝日は営業)