結婚指輪を探している時に聞いた事はありませんか?

 

「こちらの指輪は鍛造製法です」

ほとんどのお客様が、???鍛造製法って・・・?

そうなんです実は、指輪の製法についてはあまり知られてないんですよね

指輪の製法は、大きく分けて二つあります

 

一つは鋳造製法(ちゅうぞうせいほう)

簡単にいうと【型に流してつくる製法】

 

鋳造製法のメリットは、大量生産が可能ということ。

また、今人気のウェーブの形など柔らかな形のリングを

つくるのにとても適しています

 

そして、もうひとつが鍛造製法(たんぞうせいほう)

鍛造製法は【※圧延された金属をくり抜いてつくる製法】

 

何度も圧延され鍛えられた金属をくり抜いてつくる為

強度はかなり高く、曲がりにくいと言われているんです

ただ、大量生産向きではありません

 

職人が一つ一つ手作業でつくっているケースが多く

一つの指輪をつくるのに時間をかけられているのも

また鍛造製法の魅力の一つとも言えるかもしれません

※圧延とは…圧延機に金属を通して棒・板などに引き延ばすこと。

 

【圧延される様子】

【圧延された金属をくり抜く様子】

 

鍛造製法でつくられた指輪は、とても滑らかな指通りで着け心地も抜群

その秘密は・・・

次の機会にお伝えしますね

 

VEIL広島店