皆様、こんにちは!福山店の森原です

最近、私は辛い食べ物にハマっています

前まで辛い食べ物は得意ではなかったのですが

最近は徐々に好きになってきています

ちなみに私のオススメはコンビニに

置いてある手乗りサイズのチャンジャです

皆様も行く機会がございましたら是非、

探して食べてみて下さい

 

さて、今回ご紹介させて頂くのは婚約指輪を

購入する際によく耳にする『4C』でございます💍

4C』とは??

ダイヤモンドの品質等を評価する国際基準でございます

1.カラット(Carat)重さ

2.クラリティー(Clarity)透明度

3.カラー(Color)

4.カット(Cut)研磨

こちらの4つの頭文字をとって『4C』と呼ばれております!

それでは、まずカラットからご説明させて頂きます

 

1.カラット(Carat)

カラットは宝石の重さを表す単位でございます

○○カラットのダイヤモンドなど聞かれたことが

1度はあるかと思います。

1カラット=0.2グラム

なのでカラット数が大きくなるにつれて価値も

高くなって参ります

 

2.クラリティー(Clarity)

こちらはダイヤモンドの透明度を表しています💎

ダイヤモンドは天然鉱物なので

内包物(インクルージョン)と呼ばれるキズや黒点が出てまいります

そちらの位置や大きさ等を10倍のルーペで検査をして

総合的に判断して評価をしているものになります

クラリティの評価段階

FL・・・・・・・10倍拡大で石の内外部に欠点が発見できない

IF・・・・・・・10倍拡大で石の内部に欠点が発見が出来ない

VVS1/VVS2・・10倍拡大で発見困難な内包物がある

VS1/VS2・・・・10倍拡大でやや困難な内包物がある

SI1/SI2・・・・10倍拡大で容易に発見が可能、肉眼で発見できる内包物もある

I1/I2/I3・・・・肉眼で容易に発見が可能

 

3.カラー(Color)

ダイヤモンドの色味になります!

ダイヤモンドの頭文字のDから始まりアルファベット順で

Zまで分類しております

Dに近づくにつれて無色、Zに近づくにつれて黄色味を

おびて参ります。ダイヤモンドは無色透明なものは少なく

実際にはかすかに色が付いているものがほとんどなので

無色透明な物ほど高く評価されます

 

4.カット(Cut)

カットは人間が唯一手を加えることの出来るグレードでございます!

ダイヤモンドの輝きはカットにより変わって参ります💎

なので職人の技術によってダイヤモンド本来の良さ、

輝きを出せるかが決まって参ります

カットの評価は3種類のポイントを5段階で総合的に

等級付けをされております

3つのポイント

理想的なプロポーションであるか

左右対称に上手くカッティング出来ているか

全体的に綺麗に磨きがかかっているか

こちらを5段階ですので

上から

EXCELLENT(エクセレント)/VERYGOOD(ベリーグッド)/GOOD(グッド)

FAIR(フェアー)/POOR(プア―)に分類致します!

このように1つ1つの評価が定められております

 

いかがでしたでしょうか

いきなり鑑定書や『4C』と言われても分かりにくく

敷居があるように感じてしまいがちですが、

ダイヤモンドの評価基準や内容を知っていれば

より質の良いダイヤモンドを選ぶこと、男性様が求めている

理想のダイヤモンドが見つかるかもしれないですね

 

皆様がご婚約指輪を選ぶ際に少しでもお役に立てたらと思います

お近くに来られた際は気軽に足を運んでみて下さい

スタッフ一丸でプロポーズを応援させていただきます