BRAND STORY

ブランドストーリー

BRAND STORY

ロイヤル・アッシャー社の歴史は、1854年、オランダ・アムステルダムで始まりました。創始者アイザック・ジョセフ・アッシャーの高い技術と意志は息子たちに受け継がれ、1907年に史上最大のダイヤモンド原石のカットを英国王室より委ねられるという名誉を得ます。その栄誉をつかむに至ったエピソードは、20世紀初頭にまで遡ります。

最大のダイヤモンドの原石

「カリナン」は1905年に南アフリカで発見され、1907年、英国国王・エドワードⅦ世に献上された、歴史上で最大のダイヤモンド原石(3,106ct)です。エドワードⅦ世は原石で保管することも考えましたが、アッシャー社は「輝いてこそのダイヤモンド」と「カリナン」のカットを進言。アッシャー社の理念そのものであった一言に王はいたく感動し、カットを託しました。

英国王室の至宝

当時、世界一のカット職人として名を馳せていたジョセフ・アッシャーを中心とした職人たちにより、見事、カットに成功しました。9個の大きなダイヤモンドと96個の小さなダイヤモンドに姿を変えた「カリナン」のうち、もっとも大きな「カリナンⅠ世(530.20ct)は英国王室の王笏に、二番目に大きな「カリナンⅡ世(317.40ct)」は大英帝国王冠に飾られ、今も英国王室の至宝として輝いています。

オランダ王室から授けられた「ロイヤル」の称号

「カリナン」のカット成功に代表されるダイヤモンドの歴史に残る偉業や、ダイヤモンド業界のリーダー的役割を担ってきた功績と信頼に対して、1980年にオランダのユリアナ女王から「ロイヤル」の称号を授けられました。このことは、名実ともにダイヤモンド業界の最高峰に立ったことを意味し、「ロイヤル」の称号を授けられた唯一無二のダイヤモンドジュエラーとなったのです。

ゴールデンブック

ロイヤル・アッシャー社には、「ゴールデンブック」と呼ばれる来賓者名簿が大切に保管されています。ロイヤル・アッシャー社のあるアムステルダムは、ダイヤモンド産業が盛んで、オランダを代表する基幹産業のひとつであるため、国賓の見学会としてダイヤモンド業界のリーディングカンパニーであるロイヤル・アッシャー社が選ばれ、多くのVIPが訪問されるのです。

信頼のダイヤモンドブランド

創業当初から160年以上にわたって代々受け継がれてきたダイヤモンドへの情熱とクラフトマンシップ。ダイヤモンドの比類なき美しさを追求することに情熱を注いでいます。ロイヤル・アッシャー社はダイヤモンドの歴史にその名を刻み続けています。

ロイヤル・アッシャーのダイヤモンドが放つその美しい燦然とした輝きは、いつの時代でも愛され続けています。ロイヤルの称号を授けられた唯一無二のダイヤモンドジュエラーとして、世界中の王室やVIPから賞賛を集めるダイヤモンド。それがロイヤル・アッシャー・ダイヤモンドです。