ラザール・キャプランは、1982年に世界で初めてダイヤモンドのガードル部分に肉眼では見えない微細な刻印をダイヤモンドに施す技術を開発しました。これはダイヤモンドの煌めきに影響を与えないレーザーによる独自の刻印方法です。

安心と信頼の証

0.18ct以上のラザールダイヤモンドには特殊なレーザーによりマイクロIDナンバーが刻印されています。この番号は2つと同じものはなく、鑑定書と同一のナンバーです。

マイクロID刻印は10倍以上のルーペで拡大して初めて見える、約30ミクロの微細なものになります。よって、ダイヤモンドの輝きへの影響はありません。

マイクロID刻印のメリット

①安心の品質証明

消えることのないID番号で品質が証明される

②枠から外しても大丈夫

リングやペンダントの枠から外しても、ID番号を確認することができる。ダイヤモンドそのものがブランド。

③アフターサービス

鑑定書を紛失しても、時が経ってもダイヤモンドのグレードがわかる。アフターサービス受ける時も安心。

ダイヤモンドメッセージ刻印

地球上で最も硬いダイヤモンドに、30ミクロンの秘密のメッセージを入れることができます。レーザー刻印システムは、ラザール・キャプラン社の国際特許です。 誰も知らない、永遠に消えない想いをふたりだけの宝物に…。

※有料 ¥6,600(税込)