Diamond Quality

ダイヤモンドの品質

ダイヤモンドの4C

ダイヤモンドの品質・価値を決める基準は4つの要素からなります。カラット・カラー・クラリティ・カット各要素の頭文字にアルファベットのCがつくことから「4C」(ヨンシー)と呼ばれており4つの要素が優れているダイヤほど高い評価を受けます。

Carat(カラット)

宝石は重さの単位で測ります。大きさではありません。宝石の重さを表す単位で、1ct(カラット)0.2gにあたります。 これは国際的に規格が統一されており、世界どこの国で計量してもカラット数は変わりません。重くなれば重くなるほど、希少価値は高くなってきます。

Color(カラー)

ダイヤモンドの色のグレード基準です。無色透明といっても、ダイヤモンドの多くはほんの少し色味を帯びています。最高の価値とされるのは、限りなく無色透明のもの。最高グレードの無色をDとし、アルファベット順にZまで評価されます。 Zになるにつれ、ダイアモンドの色は黄色味を帯び、価値は低くなってきます。

Clarity(クラリティ)

ダイアモンドの透明度を表す基準です。 ダイアモンドを10倍に拡大検査し、なかに含まれる内包物の有無、位置、大きさ、数、性質等を総合的に判断し、評価されます。 ダイアモンドは天然の鉱物なので、多かれ少なかれ内包物が含まれています。 内包物が多いとダイアモンドの透明度は下がり、輝きの妨げとなります。 内包物が少ないほど価値は高く、最高グレードのFL(フローレス)、IF(インタナリーフローレス)から 内包物が肉眼で見えるI3までに分類されます。

Cut(カット)

4Cの中で唯一人間が手を加える事ができる基準です。 カットの良し悪しは、ダイアモンドの輝きに大きく影響をもたらします。 ラウンドブリリアントカットの評価はプロポーション(比率)フィニッシュ(研磨の仕上げ)シンメトリー(対称性)の状態を総合評価され、EXCELLENT(エクセレント)VERYGOOD(ベリーグッド)GOOD(グッド)FAIR(フェアー)POOR(プアー)の5つの段階にわけられます。

ご予算に応じて最適なダイヤモンドをご提案

エンゲージリングを選ぶうえでセンターに輝くダイヤモンドのグレードはもっとも重要です。 みなさまのご要望に合うように、当店では幅広いダイヤモンドルースをご用意しております。

素敵なエンゲージリングをお届けできますように、みなさまのご予算やご要望に応じてご提案させていただきますので、 お気軽にご来店ください。